スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
第11節 鹿島アントラーズ戦
2006 / 05 / 05 ( Fri )
どーもォ イナバウアーおっさんでーす。

何のことか分からない人は、2ちゃんの大分ゴール裏スレを見るように。
昨日みたいに風の強い日は、どうしてもあぁなっちゃうんだよッ

いやいや、昨日は会心のゲームでしたな。
まさにうちのいい時の勝ちパターン。
昨年シャムスカが来てから負けなしの試合が続いた時と同じ勢いを感じた。
前節、千葉にいいようにやられてしまったショックは全く感じず、逆にその悔しさをぶつけるかのようにことごとくゴール前でのボールをはじき返し、全選手が勝つことだけに集中していた。
司のゴールは素晴らしかった。
向こう側のゴールだったのでわりと角度の無いところから打ったように見えたのだが、実際はそうでもなく、まさに司の得意な形だった。
一昨年の天皇杯での横浜FC戦、負けた悔しさで涙をボロボロ流していた司。
ユース時代でもひときわ光るものがあり、その後代表に選ばれて世界での経験を積み、ホントにたくましくなった。
何より、気持ちの熱い司はシュートへの意識がとても高い。
彼は間違いなく、これからのトリニータを引っ張っていく中心選手になることだろう。
それにしても司や大輔、そしてフクにシュウ。
若手が着々と育って頼もしい限りだ。

さて、昨日は色々あったので、一日をちょっと振り返ってみよう。
まず朝5時半。例によってうっかり寝坊してしまう。
つくば在住のBenちゃんが池袋までわざわざ迎えに来てくれることになっており、池袋での待ち合わせは6時半。
うちから池袋までは早くて30分ちょい。
出来る限りマッハで支度をしたが、結局30分待たせてしまった。
そんな時、私とリュウセイの間で必ずこんな会話が繰り広げられる。

おっさん 「アンタがちゃんと起きないのが悪い。」
リュウセイ 「アンタこそ居間に引っくり返って寝ほうけてるからでしょうが。」
おっさん 「るせー。ガタガタ言わんとアンタが時間通りに起きれば済む話だ。あたしが早起き苦手だって知ってるくせにっ
リュウセイ 「でもアンタ、試合の時だけは寝坊しないできちんと起きるって前に言ってたくせに。」
おっさん 「るせー。」
リュウセイ 「るせーとは何だ。」

お互い反省の色なし。
隊長、Benちゃん、ごめんなさい。

池袋から高速に乗るはずだったのだが、連休の首都高はすでに渋滞が始まっており、その後も千葉、茨城方面の高速道路は軒並みかなりの混雑。
今回は恒例のEASTバスツアーがあったのだが、大分からの飛行機到着の時間に合わせた集合時間にした関係で鹿島到着がいつもより遅いため、隊長、Benちゃん、おっさん、リュウセイはバスに乗らずに別で行くことに。
そして幸いBen号は早朝に東京出発だったので、渋滞による鹿スタへの到着は想定の範囲内、9時半にはスタジアムに到着することが出来た。
が、しかし。
その渋滞は、その後大分からのツアーバス、そしてEASTツアーバスを窮地に追い込むことになる。

さて、当日の鹿島は朝から快晴
雨オンナの影響も無く、絶好の試合日和である。
GWということもあって開門数時間前から鹿サポがワラワラと集まってきていた。
そんな中、早く着いた私達は日なたでボ~ッと開門までの時間を潰す。
この日の隊長はベージュの麻のジャケットにデニムシャツ&ジーパン、足元はスニーカーという一風変わったいでたち。どう見てもサッカーを見に行く格好には見えない。あと帽子をカバンをプラスすれば、ちょっとした寅さんの出来上がりである。
「どうして今日はジャケットなんスか?」と聞くと、
「いや、久々にタンスから出してさ。たまには陽に当てないとね。」と
よく分からない回答が。
「じゃあ試合中は裸にジャケットで首にマフラーってのはどうすか?」
「それはイヤだ。」

そんな他愛もない会話を交わしていると、羽田から出発した大分ツアーバス組からメールが。
「羽田出たけど、すでに大渋滞。試合に間に合わんかも。」
となると、共に心配になってくるのがEASTバスである。
とりあえずツアー担当の工藤お父さんに渋滞している旨を連絡する。

そのうち、開門時間になりゴール裏へ。
だが、見る限り10人ちょっとしかいない。
すると大分組から再度連絡が。
「今、習志野なんやけど、ここからどれくらいかかる?」
「習志野?渋滞があれば多分2時間以上はかかるやろなぁ。」
この時キックオフまであと2時間半。
バス組の到着は最悪、試合開始後になるかもしれない。
ってことはそれまでこの人数で応援か
まぁそれはそれで、いる人だけで頑張ればいいだけの話。
実際、何年か前の瑞穂では5人で応援したこともあったし。


さてさて、鹿島と言えばモツ煮である。
昨年、ほとんどモツの入っていないモツ煮を食べて売店のおばちゃんに
大クレームをつけた経緯
があったが、その後は優良店ばかり。
先月のナビスコに続き今回も美味しく頂くことが出来た。
聞けば、あそこの売店は地元の地区が持回りで担当しているらしい。
ちなみに私が大クレームをつけたのは、くしくも「高松地区」という所だったらしい。よりによって・・・。

そんなこんなで時間が経ち、シュウと下川がアップに出てきた。
バス組はまだ来ない。
すると大分組からの連絡で
「もう高速降りてスタジアムの近くまで来たけん、試合には間に合いそうや。あ、さっきサービスエリアでEASTのバスと一緒になったで。」とのこと。ってことは何とか試合開始までにはみんな揃うってことで、ひとまず安心。
間もなくして選手全員がアップに出てきたところで大分組も到着。
急いでダンマクや旗の準備を終え、選手紹介にも無事間に合った。

ところが、EASTバスがまだ来ない。
大分組とサービスエリアで一緒になったと聞いたが、大分組はとっくに
到着してるというのにまだ着かない。
心配になってじーじさんに連絡してみた。
「今どこ?」
「なんかさー、インター降りてからまた渋滞で動かねーんだよ。」
「えー、なんで?大分組はもう着いてるよ。」
「マジで?」
「じゃあバス降りて走って来なよ。」
「いやぁ、まだスタジアムまで遠いみたいだから無理でしょー。」
「無理っつっても、もう試合始まるってば。」
「いやーそんなこと言っても・・」
「だから走って来いっつってんのっじゃあねっ ガチャッ」
こんな時に有無を言わさないのが私の常なのだ。

その後EASTバスが到着したのが試合5分前。
みんなバタバタと慌てて走って来て旗を広げたりユニフォームに着替えたりで、ゴール裏は何とも慌しい試合開始となった。
ま、何とか間に合ったから良しとしよう。

試合はご存知の通り。
気分良かったところにバカ警備員一人のせいで大騒動になり、鹿サポに囲まれ、うちの選手バスには警察の警護がつくハメになってしまった。
ケガ人が出なかったことだけが幸いだ。
もう終わったことなので詳しい経緯はここで書くつもりは無いけど、あれが大分サポではなく浦和サポだった場合、あの鹿島のバカ警備員やバカ警察官だけじゃまず止められないだろう。
万博や柏、駒場などではアウェーチームが勝った場合、何もなくても警備員がアウェーサポを囲んで誘導してくれる。柏の係員なんて、駅までついて来てくれたくらいだ。
なのに昨日の鹿島の警備員やら係員やらは、自分ちのサポに鉄柵を壊されてアウェー側への進入を止められなかったばかりか、アウェーゲートの外にいた大分サポに掴みかかってきた鹿サポを止めることも出来ず、大分サポの誘導も最初はしてくれなかった。うちの隊長が「危険なんだから誘導くらいしろ」と叫んでやっと気付いたくらいだ。
「うちのサポーターは負けるといつもああなのよ。」
と地元のおばちゃんが嘆いていたが、だったら尚更ああいった事態への強固な対処方法が必要なはずなのに。
もう今年は鹿島へ行くことはない(たぶん)と思うが、来年また行った時が少し心配である。
ま、何にせよアウェーで勝った時は何か起こると思ってた方がいいし、
そうなったら自分の身は自分で守れってことだね。
ホント、一般のサポーターさんにはご迷惑をおかけしました。申し訳なかったです。

そんなこんなでまた池袋まで戻り、大分から来た仲間達と祝勝会。
試合後は色々あったけど、勝って飲むお酒はやっぱ最高にウマいね

次は京都戦。
鹿島に勝ったからって油断してると必ず足元救われる。
京都に勝ってからこそ初めて、鹿島に勝った意味が出てくると思う。
そうやって一つ一つ着実に勝ちを積み重ねて、もっと上を目指していこう


おまけ

開門前、いつものように爆睡中のリュウセイちゃん。
頭や背中にタンポポがたくさんついてました。
060503_115204.jpg

スポンサーサイト
02 : 07 : 31 | トリニータ | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
<<秩父の旅 | ホーム | いやはや‥>>
コメント
--おつかれ~--

朝あんな声で電話あれば、「寝坊したな」ってすぐわかったよ(^-^;
隊長にはまじびびった。
車に無言でいきなりドア明けて乗り込んできたときは顔が見えず、違う人が車間違えて乗り込んできたかとおもったよ(笑)
by: Ben * 2006/05/05 06:20 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした--

姐さん、おはようございます。いやあ、今回のカシマ戦ツアーは最初からから最後まで色々ありましたけどただ姐さんの恐ろしさをまたまた実感させて頂いた日になりました。 これからトリニータU12の応援に行ってきます。トリニータコールが子供達に取って相当嬉しかったみたいです。この場所には警備員がいませんが一昨日の様な事はないでしょう。(笑)
by: mita * 2006/05/05 07:09 * URL [ 編集] | page top↑
--イナバウアー(笑)--

写真、見ましたよ。体柔らかいですね(笑)

鹿島戦はメインで見てた軟弱者です、申し訳ない・・・。
でも、私こう見えてキレやすい性格で、もしその場にいたら一層トラブルを拡大させていた恐れがあるのでいなくて良かったと思ってます。
なにはともあれ、ご無事でなによりでした。
by: トリサポ@成田 * 2006/05/06 11:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

>Benちゃん
鹿島おつかれ&京都戦の実況ありがとう。次は寝坊しないように最大限頑張ります。
ホントうちの隊長はオモロイやね。

>mitaちゃん
3日間続けてのサポートおつかれでした。
恐ろしさだなんて聞こえが悪いですわよ。「たくましさ」と言いなさい、「たくさましさ。」と。

>トリサポ@成田さん
体が柔らかいのは昔からなんですけどね。かなりの反りですよね。
どうも赤いチームに勝つと色々あって厄介でございますよ。
by: おっさん * 2006/05/06 17:05 * URL [ 編集] | page top↑
--書面の交付義務--

書面の交付義務とは、売買、賃貸借契約に関し、宅地建物業者が負う義務 http://lactescent.sanyuu.biz/
by: お名前は? * 2008/09/06 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
--水・ミネラルウォーター--

水・ミネラルウォーターを探すなら http://www.tsunamiya.com/100316/201351/
by: お名前は? * 2008/10/07 12:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuriatama13.blog44.fc2.com/tb.php/59-47877065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。主要タイトル(日本プロサッカーリーグ|Jリーグ年間、天皇杯全日本サッカー選手権大会|天皇杯、Jリーグカップ|リーグカップ サッカーFC事典【2007/08/07 21:52】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。