スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
リーグ戦終わり。そして。。
2006 / 12 / 02 ( Sat )
最終戦(しかもホーム)で負けて、かなりムカッ腹のおっさんです

つか、大分まで行かなかったくせに偉そうなことは言えないんだけど、
でも勝って終わるのと負けて終わるのでは、やっぱ気分的に全然違うしね。
勝って天皇杯につなげたかった。

ここんとこ好調時の前へ、前へって意識がちょっと薄れてるような感じがするよね。
夏場調子が良かった時は「勢い」がビシビシと感じられて、選手も楽しそうにやってた。
でも今の選手達は楽しんでやってるようにはあまり思えない。
どっちかって言ったら、負けることを恐れてセーフティーに、セーフティーにって、大事にいきすぎてると思う。
負けることを怖がってたら何も出来ないじゃん。
今年は常に中位を維持し、ともすれば上位争いに加わるくらいまでいった。
毎年追いかけられてた「残留争い」って言葉を、今年は一度も聞くことなかった。
逆に「上位争い」とか「優勝争い」なんていう魅力的な言葉がちらほら耳につくようになったりした。
だから、みんな舞い上がっちゃったのかもしんないね。選手もサポーターもみんな。
J1に上がって4年目のシーズンを終えた今、大分トリニータはまだ決して強豪チームとは言えないと、私は思う。
今年は勢いだけで勝ってきた試合が多かった。
シュウや司など若手の台頭、章太のブレイク、勢いづくには十分過ぎるほどの材料がたくさんあった。
でも、そんなの長くは続かない。勢いだけで勝ちあがっていけるほどJ1は甘くはない。
本当の実力を試されるのは来年からだと思う。
幸いシャムスカ監督の続投もほぼ決まったようだし、彼の指揮の元でどれだけ成長出来るかが、4年後5年後のトリニータの鍵を握ってくるだろう。
優勝出来るチームへ成長するには、来年からの頑張りに懸かってくるに違いない。

うちらはまだまだチャレンジャーだから。
貪欲さを無くしたらおしまいだよ。
足りないものはホントにたくさんある、つか足りないものだらけだよ。
もっともっと気合入れて、頑張っていこう。


ってことで、2006シーズンは終わっちゃいました

さて、リーグ最終戦を終えて、気分的に「あ~、今年も終わったな。。」なんて思っちゃう人も多いかもしんないけど、まだ終わってないよッ
元旦のタイトル獲りにいかなきゃなんないよ。

毎年この時期になると、お正月に国立のゴール裏でトリニータコールをする夢を見るんだけど、今年はそれが夢じゃなく現実になるように祈りをこめて、買ってきました。天皇杯決勝1/1のチケット

061202_150425.jpg


このチケットがトリニータのためのものじゃなくなったら、私にとっちゃただの紙切れだよ。
そんなことは絶対させない。そのために来週、長崎に乗り込みます。
長崎へ行くみんな、頑張ろう


ところで、このチケットをリュウセイに見せたら、こんなコト言いやがった。

「ほほぅ、これが決勝戦のチケットですか。でもアンタ、これ買う前に準決勝のチケットも要るんじゃないの?」

ごもっとも。


スポンサーサイト
17 : 08 : 36 | トリニータ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。